個別指導塾に通うなら週何回?

個別指導塾に通うなら週何回? 学校の成績を伸ばすために、個別指導塾に通うお子さんが増えています。
近年は、事前に週何回と決めておき月々の授業料が決まるところ、1週間に何日までという上限以内なら何度通っても良い定額月謝制のところ、自宅でのオンライン授業も併用できるところなど、さまざまな形態で手厚い授業を展開している個別指導塾があります。
それぞれの家庭事情やお子さんの生活状況によって、どれくらい通えば良いのかをじっくりと考え、無料の体験授業を受けてから入塾の申込み手続きをします。
親御さんの送迎が必要だったり、お子さんがいくつかの習い事をしている、学校で部活をしている場合は、親御さんだけではなくお子さんの体力にも無理がかからない通い方をすることが大切です。
受験生は自宅で勉強をするよりは塾の方が集中できるということもあるので、個別指導の授業と自習室などをうまく利用しながら、ほぼ毎日塾に通い志望校合格を目指すことも可能になります。

個別指導塾の授業料はどれぐらいが相場なのか

個別指導塾の授業料はどれぐらいが相場なのか 個別指導塾へ子どもを通わせたいと考えている場合、気になるのはやはり費用がどれぐらいかかるのかということです。
授業料(月謝)については、小学生・中学生・高校生によってまず違いますし、当然のことながら週何回授業を受けるかによっても大きく異なります。
実際の相場としては、週1回授業の場合、小学生は1万2,000円で中学生は1万3,000円、高校生は1万6,000円というのが平均的です。
この金額は週1回授業の場合の費用ですが、週2回だとその約2倍になり、週3回だと3倍になります。
他にも、費用が変わる要素としては講師1人に対する生徒の人数や、プロか学生かという講師の質、そして授業時間の長さ(60分か90分か)などがあると言えるでしょう。
生徒の人数に関しては、1対1のほかに、1対2や1対3などのタイプがあり、生徒側の人数が多いほうが安くなります。
また、個別指導塾を利用するときは、授業料だけでなく入会金や教材費などもかかるため、事前にそうした費用もチェックしておくことが必要です。